得々キャンペーン開催中

ログハウスは100%再生可能な木材でできている住む人と地球にとても優しい住宅です。

樹種は極寒のシベリアで70-80年かけてゆっくり成長し年輪の細かい欧州赤松材を使用しています。
木材には維管束と云う根と葉の間の水分や栄養を運搬する筒状組織が多数あり、伐採乾燥後はこの部分が空洞となり空気層が構成され自然界で最高の断熱性能を発揮します。
これが冬暖かく夏涼しいログハウスの理由です。

木材の乾燥は通常低温乾燥炉で長時間かけて表面含水率15-16%まで乾燥されます。これが所謂、 KD(キルンドライ)材と言われるものです。これから気乾状態(芯まで15-16%)に乾燥するまで4-5年 かかります。この乾燥によって発生するのがログハウス特有のセトリングという壁の沈み込みです。

気乾状態になった木材はその後年々強度を増していき約300年後に最強となります。
自分のログハウスが300年後に最強に成るなんてロマンですね。

新着情報 -Blog トレーラーハウスのある日々-